2. 実践編

クマでも分かるトレースAAの作り方>2.3 正確なトレースに囚われすぎない
2.3 正確なトレースに囚われすぎない
トレースはその名の通り、元絵の通りに文字をなぞっていく手法なわけですが、
どうしてもトレースしきれない場合も頻繁に出てきます。
細かい点文字を多用して強引に元絵をなぞることもできますが、
得てしてその見栄えは汚いものになりがちです。(俗に言う「粉っぽいAA」)

そこで求められてくるのが次のテクニックです。

1.元絵を都合よく改変する

2.あえて書かないで補完を見る人に委ねる

トレースを覚えれば誰でもある程度のAAは作れるようになると思いますが、
元絵をいかに独自の解釈でAA化していけるかどうかが、トレース初級者からの脱皮への壁の一つと認識しています。

2.3.1 元絵を都合よく改変する
前節で触れたとおり、右上がりによく使用される「 / 」の逆に相当する右下がりの文字は存在しません。
にもかかわらず、当然右下がりのラインは色々な絵で頻繁に出てきます。

その場合に、元絵通りに強引にトレースするよりも
元絵自体を描きやすいように改変してしまった方が結果として見栄えが良くなることがあります。

以下の極端な例で見てみましょう。

顔の左のラインは急な右下りです。
これを正直にトレースするとこうなります。
    ____________
    \               |
    /               |
    \               |
    /               |
     ̄',  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄
       ', ┌─┐ ┌─┐ /
       ', └─┘ └─┘ /
        ',     |     /
        ',     |    /
        ',     |    /
         ',  __  /
         ',____/
ちゃんと型を取るという意味で、これはこれでいいのかもしれませんが、
左のラインが点線、右のラインが実線というバランスに自分は幾らか違和感を感じます。
この例はラインの少ない単純な元絵だからまだいいですが、入り組んだAAになると、
実線や文字のひしめく中に、ポツンと点線のラインがあったりした場合、妙に浮いたりもします。

そこで都合良く元絵を改変するというのはこういうことです。
    ____________
    \               |
    /               |
    \               |
    /               |
     ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄
        |┌─┐ ┌─┐ /
        |└─┘ └─┘/
        |      |     /
        |      |    /
        |      |    /
        |    __   /
        |_____/
最初から文字を自然に組める構造で描いてしまうということです。
この場合、使用している線が全て実線になるので、そういう点では統一感が出せます。

これは改変を強調するための単純な例なので改変具合が目立ちますが、
大概のAAの場合、服のラインや髪のラインを少々いじったくらいではまず誰も気づきません
そのAAに対する正確な元絵を頭の中に把握してる人なんてそうそういませんからね。

2.3.2 あえて書かないで補完を見る人に委ねる
正確なトレースにこだわろうとすると、どうしても元絵に描いてあるラインは全部トレースしようとしてしまいます。
しかし構造的に描くのが難しいと思われる場合は、いっそ描かないのも一つの手です。

例えば以下の例を見てみましょう。
        ↓微妙な角度のラインをあえて書かない

          -‐===‐ 、
      /   .  -‐‐ 、__}}_
     /  /      ` 、 、`ヽ
       , ' , '´ /    ,ヘ,、ヽヽ ヽ/{
.      / '  / //,' i i~~"} !iiハ __v'⌒>
     ,' ,' ,',' !i i i i iハ{ ⌒j从ji|>p、⌒>
     !i ii i iハ从ハハ{   ,==、jノiEZト、.\{>
     ii ii i i ハ __,,. ィ   r'`))}jl≠| !iY´
     ヾii  i トヘ"~´  , └-゚厶EZ| !i !
      ii ii ! `Tヘ   一 " /リj!! i |从ヽ.
.      `ヘハハハハ>、   イ^^´ ! i | ←顎のラインをあえて書かない
           _xrj   ヒァァー! i L_
       , 、 ´   v _ _//  i i iノノフ 、
       /\ヽ    v==7/  i !イ/  ハ
       /フ  \ヽ、  、 // /jノく  /  、  ←右下がりを「 、 」一つで表現
     /    />ー--V/ー'´⌒7 Y    \
    く      { \  ‐-只-‐、ヽ }  }_    /
     \_  x=ゝ、 〉 / }o{` ー-く イニニ、ヽ/
       ヽ〃, -‐V ̄\| ヽ/ ̄ /   /´
このAA自体はトレースAAではないと思うのですが、
あえてラインを描かないことで、実線と文字による全体の非常に綺麗な線の流れが更に強化されていると思います。

こういった空白補完のケースはアゴ周りのラインによく見られます。
             ↓軽めに繋がれた場合
      `` l   \    ー‐ /
         /!     ` - .__,.イ
      /  ,l       ノ  ヽ     _,,. 、
    _,. /   ! !      /    }ー ‐''7-‐' `ヽ


             ↓逆に埋めることでむしろ汚くなったりする
      `` l   \    ー‐ /
         /!    `''‐-、.__,.イ
      /  ,l       ノ  ヽ     _,,. 、
    _,. /   ! !      /    }ー ‐''7-‐' `ヽ
描いている本人は「ここ繋がなくておかしく見えないかな?」と気になってしまいがちなものですが、
見ている人は概ね無意識に脳内補完してくれるので心配する必要はないようです。
クマでも分かるトレースAAの作り方>2.3 正確なトレースに囚われすぎない