1.最低限これだけ知ってればOK

クマでも分かるトレースAAの作り方>1.3 画像に文字を被せていく
1.3 画像に文字を被せていく
トレースというのは、元となる画像に対して文字を重ねていくAA製作手法で、今日作られているアニメ・漫画AAや
人物AAの多くがこの手法を用いて作られています。
一応解説していきますが、とりあえず画像だけパッと流し見てもらっても十分です。

今回は↓この自作(´・ω・`)の絵も用いて、トレースの説明をしていきます。
1.3.1 (´д`)Edit を起動
まず をクリックしてソフトを起動します。

ウィンドウを適当な大きさに調整します。

(´д`)Edit やAAEなどのAA製作エディタの最も特徴的な部分は、右サイドにある「文字パレット」です。

パレットはデフォルトで1から20まで用意されており、数字をクリックすることでパレットを入れ替えられます。

以下、パレットで文字を入力する例です。
     
デフォルトでパレットに入っている文字は、いずれもAA製作ではよく使われる文字です。
パレットに入っている文字は自分でカスタマイズすることもできます。(2.0

そのほかにも(´д`)Edit には便利な入力パレットが幾つも用意されています。
例えば Ctrlキー + Spaceキー で次のような入力パレットが出ます。

AAでよく使われる文字が系統別にまとめられていて、これもまた入力において非常に便利です。
では、いよいよトレースを始めます。

1.3.2 トレース画面を出す
トレース機能というのは画像に文字を重ねてAAを作っていくための補助機能なんですが、
以下のボタンを押すことで利用できます。

ツール(T) → トレース(V) もしくは Ctrlキー + T でもOKです。

以下のように画面が分割されたと思います。
次にトレースする画像を読み込みます。以下のボタンを押して画像ファイルを選択します。

ここで僕はサンプルとして用意した画像を開きます。
しかし、このままでは作業を進めづらいので画面と画像の調整をします。

まず以下のボタンを押して画面の分割方向を決めます。
4種類から選べますが、「画像に合わせたもの」&「自分がやりやすいもの」を選ぶとよいと思います。

ここでは「左右分割(画像:左)」を選びます。以下のようになります。

次に画像の位置と大きさを調整します。
画像の大きさは作りたいAAのサイズに合わせて調整します。
以下のバーを操作することによって、画像のサイズと位置を変えることができます。
AAを作りながら画像を調整していってもよいので、最初はこだわらなくても良いかもしれません。

大きくトレースしたほうが線がぶつかりにくいので、格段に作りやすく、またパッと見の見栄えも良くはなりますが、
掲示板によっては容量オーバーの制限を受けたり、使い勝手の良くないものになるでしょう。
完成後の用途と自分の作りやすさに合わせて画像のサイズと位置を調整します。
ここでは画像サイズは調整せず、位置だけ調整してそのまま進めます。

(AAの作りやすさや製作時間は密度に依存するので、必ずしも小さい方が簡単というわけではないのです。)

次の項ではいよいよAAの文字の入力を始めます。

1.3.3 画像に文字を重ねていく(トレース)
では試しに右の枠に文字を入力してみましょう。
すると左の画像の枠の方にも、対応する位置に同じ文字が表示されているのが分かるでしょうか?

しかし画像欄の方に表示される文字はデフォルトで白で、画像によっては非常に見づらいです。
そこで画像欄のほうに表示される文字の色を左下のパレットで変えましょう。
好きな色を左クリックしてください。ここでは赤を選択します。


このように、画像の上に文字を重ねることができます。
これを利用して、画像を文字で型取っていくのがトレースです。
上で説明した文字パレットなどを利用して、画像を型取る文字を入力していきます。

実際の工程をこれから示していきますが、上手で速い作成には慣れ経験と要します。
しかしサンプルに使っている画像は非常に単純なものを選択したので、製作は容易です。

まず以下のように、左の画像の枠に沿うように右枠の文字欄に文字を配置していきます。

あまり正確なトレース(型取り)に拘りすぎることの問題点も色々あるのですが、
ここでは正確なトレースを心がけます。
ここで、左の画像欄の は半角スペースの記号です。

見ての通り、AAは左側から作成されていきます。この辺は文章と同じです。
AAは目が肝」とも言われるので、必ずしも左側から作ることが重要ではなく、
目などの主要なパーツの型を作ってから、全体に取り掛かるという工程もあります。

では更に型取りを進めていきましょう。

点系の文字が多いとか、目があさってを向いているとか、個人的に感じる問題点は多々ありますが、
正確にトレースするという観点で進めていくと概ねこのようになります。

ここで、スラッシュ「/」やドット「.」といった記号以外にも、
「Y」や「人」といった英記号や漢字も使用しています。

AAにはよく使われる文字というのが色々とあります。それは記号・カタカナ・漢字と様々ですが、
これは数多くある既存のAAを見て技を盗んでいくのが習得の一番の近道でしょう。
(最初に参考にしたAAの画風に後々まで強く依存することが多いです。)

そして、全体の型取りが終了しました。

これはサンプルなのでここで終了しますが、実際には何度も推敲します。
AAを始めたての頃は、完成するとすぐ貼りたくなってしまうものですが、
少しでもいいからAAを寝かせてみると思わぬ改善点に気づくことがあります。

そして最後のマナーとして行末のスペースを削除します。
「編集II(K) → 行末空白削除(Q)」もしくは「Ctrlキー + G」で全ての行末スペースが一発で削除されます。

そしてAAの完成です。
         トvイレムィイ
          ヽ ____ /
         ├──┤
       , -┴──┴- 、
     /            `ヽ、
    /      , -、  ,.- 、    \
.   /     / o Y o l     ヽ
  ,'        l   |    l      ',
  !      ヽ __.人 __.ノ        l
  l                   ,'
   、         ○         /
    ヽ   ヽ、     |       ノ  /
    \  `ー-、_ | _,,. -‐'´ /
      `ヽ、    ̄   ,. -'´
         ` ー---‐ ¨´
非常に簡単なサンプルを使いましたが、よくあるアニメや漫画のキャラクターAAも作り方の理屈は同じです。
画像を用意してトレース画面に表示させ、文字や記号を配置します。

以下は以前自作したアニメキャラのAAの例です。


以上がトレースと言われるものの簡単な説明です。

しばしばあるような「ほとんどのAAはツールでワンボタンで作られている」といったような誤解が
少しでも解消できたなら幸いです。

私感ですが、今回のサンプルのような単純な絵はトレース向きではありません。
こういう単純な絵はデフォルメしてAA化した方が見やすく使いやすい仕上がりになると思います。
つまりどういうことかと言うと、正確に型取ったサザエさんのAAよりも、
↓このようにデフォルメした単純なAAの方がネット上ではウケるというわけです。
     (⌒Y⌒Y⌒)
    /\__/
   /  /    \
   / / ⌒   ⌒ \
(⌒ /   (・)  (・) |
(  (6      つ |
( |    ____ |
   \   \_/ /
    \____/
クマでも分かるトレースAAの作り方>1.3 画像に文字を被せていく